禁煙成功体験談.com タバコの害を知れば誰でもやめられる禁煙方法

●急いでいる人は私が禁煙に成功した以下の方法を参考にどうぞ!
チェック→ 31日かけて実践した苦痛なく誰でもできる禁煙方法 »

禁煙の成功は誰でもできます!あることさえやれば・・・

今度こそ禁煙するぞ!→でも失敗してしまう→「あること」を知らないから

タバコは辞めたいんだけど・・・。
たばこが健康に悪いことは十分に分かっているんだけど・・・。
でも・・・辞められない・・・・。

こういう人って、とても多いんでしょうね。

というか、当サイトの管理人もそんな喫煙者、愛煙家の一人でした。

でも、ある時、「あること」をしたら、きっぱりと禁煙することができました!

今まで何度も挑戦した禁煙ですが、なかなか続きませんでした。。。

でも、「あること」をしたら、タバコを吸いたいとも思わなくなったのです!

では、その「あること」とは・・・?

サイト管理人の顔

15年の喫煙生活に終止符を打ち、禁煙に成功した理由は私の自己紹介に書きましたので、ぜひご覧ください。

「たばこはもうやめよう」と思ってから、すぐに禁煙するような体育会系のノリは選ばず、1ヶ月かけて禁煙をしようという作戦を考えつきました。

この作戦の詳細は31日かけて実践した苦痛なく誰でもできる禁煙方法をご覧下さい。

タバコの害を知れば、禁煙なんて簡単に成功します!

タバコの害を知ることから目を背けない

「あること」とは「タバコの害を知ること」です。

もう少し詳しく言うなら「タバコの害から目を背けないこと」と言えるでしょう。

喫煙者の99%はタバコの害を知ろうとしません。

たばこの害を直視しようともしなければ、直視することすらできないのです。

なぜなら、怖いから・・・。

たばこの害を知ってしまうと、「こんなにも健康に悪いものを口から吸い込んでいたのか!」と、タバコを吸っていること、今まで吸ってきたことが恐ろしいことのように感じてしまうからです。

だから、ほとんどの喫煙者は恐怖心から見ようとしません。知ろうとしません。タバコの害を。

とにかく、タバコが持つ有毒性から目をそらします。

でも逆に考えると、だからこそ本当に禁煙したいのなら、勇気を出して「タバコの害」を直視することが、禁煙にとって非常に効果的に働くのです!

一度、タバコの持つ有毒性を知ってしまえば、「たばこを吸いたい!」とは思わなくなるので、結果的に禁煙できてしまいます!

つまり、あなたが本当に禁煙をしたいと思っているなら、あなたが最初にするべきことは、煙草を固い意思でやめようとするのではなく、タバコを吸いながらでもいいので、まずはタバコの害を知ることなのです。

タバコの害を知れば、タバコを吸いたいとは思わなくなるので禁煙できる!

恐るべきタバコの害 禁煙したければ目を背けるな!

あなたがタバコから抜け出せないもう1つの理由

ニコチン依存症、習慣、太る、広告の洗脳

あなたが今まで禁煙したくても、できなかった1番の理由は「タバコの害を知ること」から目を背けてきたことですが、他にも理由があるのも事実です。

まず、あなたはすでにニコチン依存症という病気にかかっています。

というのも、タバコの煙に含まれるニコチンは、麻薬にも劣らない依存症を持つ薬物だからです。

また、タバコを吸うという行為自体が、歯を磨くことと同じような、やらなければ気持ち悪く感じる習慣として心理的依存にもなっています。

習慣はとても根強いものなので、ニコチン依存症と一緒にあなたのをガッチリ掴んで離しません。

また、あなたはすでにタバコ会社の広告に洗脳されているかもしれません。

あなたにそのつもりがなくても、「たばこを吸う=かっこいい」「たばこを吸う=リラックスできる」などと思っているのなら、洗脳されている可能性は大です。

また、女性はたばこをやめると太ると言って、禁煙しない人も多いようですが、タバコを吸い続けなくても、体重を減らす方法、維持する方法はたくさんあります。しかも、もっと健康的な方法が。

禁煙しなくていい理由を探す
言い訳のプロフェッショナルになっていませんか?

禁煙しなくて済む理由を探す、禁煙できない自分を正当化する

禁煙できない人に共通している点。

それは、自分が禁煙しなくて済む理由を探すプロフェッショナルになっているところです。

別の言い方をすれば、禁煙できない自分を正当化するための言い訳のプロフェッショナルになっているのです。

特に、禁煙し始めた最初の頃は、ニコチン切れによる離脱症状(禁断症状)に負けてしまい、タバコを吸ってもいい理由を探し始めます。

ここから言い訳のプロフェッショナルとしてデビューしてしまうのです。

しかし、これでは振り出しに戻ってしまい、1歩も前へ進めません。

ニコチン切れによる離脱症状(禁断症状)を感じたら、「体内から有毒なニコチンが排出されている証」「体がどんどん健康になっている証拠」などと考え、乗り越えてほしいものです。

また、行動療法も禁煙に効果的です。

「見たい現実」と「見たくない現実」

「見たい現実」と「見たくない現実」

アメリカでは、喫煙の有害性が周知されているので、タバコをやめられないほど意思の弱い人は企業にとって不必要な人材とみなして、雇用契約更新解除の要件にしている企業がたくさんあるそうです。

日本でも、社員の健康のために、非喫煙手当の支給などで禁煙を推進しようとする企業も増えてきています。

いずれ、世界中で「タバコを吸っている人」=「意思の弱い人、自分をコントロールできない人」という目で見られる時代が来るかもしれません。

でも、私は意思の強さで禁煙できるとは思っていません。なぜなら、私はそれで何度も失敗しているからです。

それよりも、タバコの害を知ることが禁煙への一番簡単な切符だと思っています。

だからこそ、目を背けることなく、勇気を持って直視してほしいと思います。

この世の中には2つの現実があります。

1つ目は、自分が見たい現実。

2つ目は、自分が見たくない現実。

多くの人は、自分が見たい現実しか見ません。見たくない現実からは目を背けます。

しかし、成長する人、進化する人は「見たくない現実」から逃げることなく、しっかりと直視できる人間です。

「タバコの害を知ること」という「見たくない現実」を直視できれば、あなたは禁煙という次のステージに進むことができます!

そして、禁煙するとタバコを吸わない人だけが味わえる楽園が待っています。

●急いでいる人は私が禁煙に成功した以下の方法を参考にどうぞ!
チェック→ 31日かけて実践した苦痛なく誰でもできる禁煙方法 »


千年の愛 DVD BOX レンタル

お金を増やす 資産運用でお金を増やす!学校では教えてくれないマネーの基礎知識