タバコが与える肺や気管支への悪影響

●急いでいる人は私が禁煙に成功した以下の方法を参考にどうぞ!
チェック→ 31日かけて実践した苦痛なく誰でもできる禁煙方法 »

タバコが与える肺や気管支への悪影響

タバコが与える肺や気管支への悪影響

タバコを吸うと、その煙が喉から気管支を通って肺の中まで入り込みます。

そして、タバコの煙の中に含まれるニコチン、タール、一酸化炭素などの有害物質が、肺の血管から血液の中に入り、全身に運ばれます。

そして、この有害物質が運ばれる過程で、肺や気管支で悪さをします。

たとえば、気管支や肺の表面では、ゴミやバイ菌が奥まで入らないような仕組みが備わっていますが、この仕組みが弱まったり、働かなくなったりしてしまいます。

その結果、風邪をひきやすくなったり、咳が止まらなくなったり、様々な病気にかかりやすくなります。

また、タバコを吸うと、気管支や肺の表面に炎症を起こします。

この炎症はとてもゆっくりと進行していき、25年くらいたってからCOPDや肺ガンなどの病気を引き起こすのです。

サイト管理人の顔

15年の喫煙生活に終止符を打ち、禁煙に成功した理由は私の自己紹介に書きましたので、ぜひご覧ください。

「たばこはもうやめよう」と思ってから、すぐに禁煙するような体育会系のノリは選ばず、1ヶ月かけて禁煙をしようという作戦を考えつきました。

この作戦の詳細は31日かけて実践した苦痛なく誰でもできる禁煙方法をご覧下さい。