31日かけて実践した苦痛なく誰でもできる禁煙方法

●急いでいる人は私が禁煙に成功した以下の方法を参考にどうぞ!
チェック→ 31日かけて実践した苦痛なく誰でもできる禁煙方法 »

31日かけて実践した苦痛なく誰でもできる禁煙方法

自己紹介で説明した通り、私はタバコの害を知って禁煙を決意しましたが、それでもすぐにやめられるとは思いませんでした。

そこで、「1ヶ月かけて禁煙する」という作戦を取りました。

というのも、吸いながらやめられる「離煙パイプ」の存在を知っていたからです。

離煙パイプ

この「離煙パイプ」は、俳優の阿藤 快(あとう かい)さんが禁煙に成功したパイプとして有名です。

阿藤 快さんは約40年間、1日20〜60本も喫煙していたヘビースモーカーでした。

そんな愛煙家だった阿藤 快さんが禁煙できたのも、この「離煙パイプ」のおかげだと、テレビで言っているのを私は見たんですね。

ネットショップでは、Amazon.co.jpが最安で購入できますが、Amazon.co.jpにあるお客様の声(カスタマーレビュー)でも、非常に評判がよく、禁煙に成功している声がたくさん寄せられています。

この「離煙パイプ」には1番から31番まで番号の書いてあるパイプが入っていて、1日1つのパイプを使います。

1日目は1番のパイプ、5日目は5番のパイプ、20日目は20番のパイプ、31日目は31番のパイプといった具合です。

そして、毎日3%ずつタバコに含まれているニコチンの量が減っていく仕組みになっています。

毎日3%ずつニコチン量が減っていく離煙パイプ

この仕組みによって、知らず知らずのうちにニコチン依存症から抜け出すという禁煙法です。

つまり、自分の意思でニコチンを断ち切るのではなく、いつも通りにタバコを吸いながら、31日後にはニコチンから解放されていくという禁煙方法なのです。

だから、離煙パイプは成功率が高いのです!

20日目くらいから、ほとんどタバコを吸っている気がしなくなります。それでも、なぜか耐えられてしまうです。

なぜなら、タバコの味はするからです。

そして、28日目には「もう、タバコは吸わなくても大丈夫かも!」と思い始めました 。

そして、最後の31日目。

もう、タバコを吸っているという意識はほとんどなくて、最後の儀式みたいな感じで過ごしました。

タバコの箱には5本ほど残っていたのですが、台所で水をかけてゴミ箱に捨てました。

とうとう、完全なる禁煙生活の開始です。

でも、すでにニコチン依存症から解消されているので、ほとんど苦ではありません。

そして、気が付いたら全くタバコとは無縁の生活になっていました。

不思議なものです。あれほど毎日のようにタバコを吸っていたのに・・・。

毎日会う友達のような関係だったのに・・・。

それが、今や全くの無縁であり、無煙です。

禁煙って実行してみると、実はそれほど難しいものではないんですね。

タバコを吸っている間は、ニコチン依存症という病気に冒されているので、そうは思えないだけで。

あなたも必ずやめられます!だから、あきらめずに離煙パイプを試してみて下さい。

もし、あなたの大切な人が喫煙者だったら、ぜひ離煙パイプを買って、プレゼントしてあげてください。

あなたの大切な人にとって、人生で最高のプレゼントになるかもしれませんよ!

離煙パイプ

サイト管理人の顔

15年の喫煙生活に終止符を打ち、禁煙に成功した理由は私の自己紹介に書きましたので、ぜひご覧ください。

「たばこはもうやめよう」と思ってから、すぐに禁煙するような体育会系のノリは選ばず、1ヶ月かけて禁煙をしようという作戦を考えつきました。

この作戦の詳細は31日かけて実践した苦痛なく誰でもできる禁煙方法をご覧下さい。


コンタクトレンズ 通販 使い捨てやカラーコンタクトの通販

バストアップサプリ 値段