タバコを吸うと骨粗鬆症(こつそしょうしょう)のリスクが高まる

●急いでいる人は私が禁煙に成功した以下の方法を参考にどうぞ!
チェック→ 31日かけて実践した苦痛なく誰でもできる禁煙方法 »

タバコと骨粗鬆症(こつそしょうしょう)

骨粗鬆症

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)とは、骨がスカスカになり骨折しやすくなる病気です。

タバコを吸うと、骨への血液供給量が減り、骨を形成する細胞が清算されにくくなり、カルシウムも吸収されにくくなるので、骨粗しょう症のリスクが高まります。

つまり、喫煙は骨折にリスクを高めるということです。

サイト管理人の顔

15年の喫煙生活に終止符を打ち、禁煙に成功した理由は私の自己紹介に書きましたので、ぜひご覧ください。

「たばこはもうやめよう」と思ってから、すぐに禁煙するような体育会系のノリは選ばず、1ヶ月かけて禁煙をしようという作戦を考えつきました。

この作戦の詳細は31日かけて実践した苦痛なく誰でもできる禁煙方法をご覧下さい。