ニコチン依存症になる理由とそのメカニズム

●急いでいる人は私が禁煙に成功した以下の方法を参考にどうぞ!
チェック→ 31日かけて実践した苦痛なく誰でもできる禁煙方法 »

ニコチン依存症になる理由

ニコチン依存症=薬物依存症=病気

喫煙がやめられない最も大きな理由は「ニコチン依存症」です。

ニコチンは体に害をもたらすものなので、「薬物依存症」とほぼ同じような病気と思っていただいて結構です。

では、なぜタバコを吸う人はニコチン依存症になってしまうのでしょうか?

その理由を知るには、ニコチン依存症のメカニズムを知る必要があります。

ここに、あなたがタバコから抜けられない最も大きな原因が存在しています。

あなたが禁煙できないのは、決して、あなたの意思が弱いからという理由ではないのです。

ニコチン依存症のメカニズム

肺→毛細血管→脳みそ

タバコに火を付けて吸い込むと、タバコの中の葉っぱが燃え、ニコチンという麻薬のような薬が出ます。

このニコチンは、無数の化学物質とともに肺に入り、毛細血管の中を流れ、脳みそに辿り着きます。

人間の脳にはいい香りを嗅いだり、好きな音楽を聞くと「いい気分」「いい気持ち」になれる仕組みが備わっています。

ニコチンはその仕組みにぴったりはまり、「いい気分」「いい気持ち」を作り出してしまうのです。

具体的に説明すると、脳にはニコチンが結合すると快感が生じるニコチン受容体というものがあるのです。

タバコから吸いこんだニコチンが脳に届き、ニコチン受容体と結合すると、快楽物質であるドーパミンが放出され、一時的な幸せが得られます。

ここでの一時的な幸せとは、多幸感・快感・覚醒効果・緊張緩和などです。

ニコチン + ニコチン受容体 → 快楽物質であるドーパミン → 一時的な幸せ

しかし、脳内のドーパミンが減ってくると、次の一時的な幸せを求めて、次のタバコが吸いたくなってきます。

たばこを吸わないと、イライラしたり、落ち着かなくなってきます。

そこで、次のタバコを吸って、もう一度、脳内でドーパミン(快楽物質)が放出され、一時的な幸せを感じることができるのです。

このようなことを繰り返し、タバコがなければ「いい気分」「いい気持ち」になれないニコチン依存症となっていくのです。

ニコチンは麻薬にも劣らない依存性を持つので、喫煙者は「ニチコン中毒」と言っても過言ではないでしょう。

特に、子供の喫煙は注意が必要です。なぜなら、体が小さいほどニコチンがあっという間に体内に広がり、中毒になりやすいからです。

ただ、ニコチンは麻薬やアルコールなどと違って急性ではないので、あまり害が実感できません。

しかし、依存性の高さはヘロイン並と言われています。

また、喫煙は毎日数時間おきにする行動なので、心理的にも手放せない存在、つまり、習慣として心理的に依存してしまうのです。

つまり、ニチコン依存症とはニチコンから得られるドーパミン(快楽物質)を脳が欲しがる「身体的依存」と、習慣としての「心理的依存」という2つの側面を持つ依存症なのです。

「身体的依存」と「心理的依存」

それでも、ニコチン依存症を断ち切り、意を決して禁煙を開始すると、最初はニコチン切れによる離脱症状(禁断症状)が出る場合があります。

サイト管理人の顔

15年の喫煙生活に終止符を打ち、禁煙に成功した理由は私の自己紹介に書きましたので、ぜひご覧ください。

「たばこはもうやめよう」と思ってから、すぐに禁煙するような体育会系のノリは選ばず、1ヶ月かけて禁煙をしようという作戦を考えつきました。

この作戦の詳細は31日かけて実践した苦痛なく誰でもできる禁煙方法をご覧下さい。